BLOG

血液はどんな働きをしているの?

今回は血液の働きついて紹介致します。

■血液の働きとは■
血液は体重の約1/12~1/13を占めており、身体の中で非常に重要な役割を担っています。
まずは、体内における様々な物の運搬作用です。
・酸素や二酸化炭素などを肺と組織細胞中へ運搬。
・腸から吸収された栄養素を肝臓、全身各部の組織へ運搬。
・内分泌系から分泌されたホルモンを運搬。
・余分な水分や老廃物を排泄の為に腎臓へ運搬。

身体作りをする上で血液による酸素や栄養素の運搬は非常に大切な事です。
血液循環が悪くなり筋肉へ栄養素が運ばれにくくなると、筋肉の成長が非効率的になってしまう事が考えられます。
また、身体を動かすエネルギーの産生には酸素が大きな役割を担っている為、酸素の運搬も重要です。

他にも血液には様々な働きがあります。
全身を循環して体温を均等にし、体表の血管から熱を逃がす体温調節作用。
細菌、毒素を処理し、感染などを防ぐ保護作用、血液中に含まれる凝固因子による止血作用などがあります。

血液の働きはどれも大切な事ばかりです。
トレーニング等の運動、こまめな水分の摂取、食生活の調整をする事で血液をサラサラにし
様々な働きを効率的に行う事が出来ます。
血液循環が良くなる事でボディメイクや身体の健康に様々な良い影響が考えられます。

BLACK GYMでは、お客様の目標を最短で達成できるようにトレーニングから食事まで全力でサポート致します。
無料カウンセリングをご希望の方はコチラからご連絡をお願い致します。

BLACK GYM 那覇店 若杉 栄

RELATED POST

PAGE TOP